快眠と健康のために|睡眠を助ける敷布団の選び方

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

柔らかすぎる寝具の問題

ウーマン

柔らかすぎるマットレスは、一見快適そうに感じるかもしれませんが実は逆です。腰に大きな負担がかかり、腰痛の原因となってしまいます。モットンは程よい硬さのマットレスであり、腰痛の改善効果が期待できます。

More Detail

マットレスの良し悪し

眠る婦人

柔らかすぎるマットレスは腰痛の原因になります。しかし反対に、固すぎるマットレスというのも睡眠の質を大きく下げてしまうのです。高反発マットレスは、程よい硬さのものが多いです。

More Detail

フローリングでの使用方法

眠る婦人

もし、現在肩こりと腰痛で悩んでいるのならば、その原因は寝具にあるかもしれません。例えば、自宅の床がフローリングであるのに対し、敷布団を使っているのならば、敷布団を見なおす必要あります。本来、敷布団とは畳での使用を前提にして作られています。そのため、フローリングで使用する場合は敷布団の厚みによっては固くて寝苦しくなるばかりか、腰の筋肉に負担が発生するかもしれません。また、フローリングでは通気性が悪いため、敷布団を敷きっぱなしにしているとカビが発生する可能性は極めて高く、衛生面にもメリットをもたらしません。
フローリングの床で敷布団を使用するのであれば、若干厚めの敷布団を使用する必要があります。厚めの布団を用意することで床の固さを気にする必要がなく、腰や肩の負担を大幅に和らげることができます。また、体圧分散力の高い敷布団を購入すれば、体の重みで布団が潰れることもなく、一定の厚みを保ち続けることができます。そしてカビ対策ですが、これはこまめに干すことが重要になります。日光に当てることによって湿気を解消でき、カビの発生を防ぐとともに布団内に救っているダニやノミの駆除も併せて行えます。清潔になった布団は快眠性が段違いであり、ぐっすりと眠れるようになります。このように、敷布団の選び方やメンテナンスによって快眠性や体の負担に大きな改善をもたらすことができ、より質の高い休眠を取ることが出来るのです。

健康と睡眠

肩こり

肩こりや腰痛の解消は規則正しい生活と、質の良い睡眠が重要です。運動によって血行を促進させ、質の良い睡眠で内蔵の機能を回復させて肩こりに縁のない生活おくりましょう。

More Detail